« 弘前公園 蓮池 ハスが咲き始めました | トップページ | 平川市 三笠山公園のアジサイ »

弘前市 津軽郷土料理店大和家のおにぎり

2010072301

弘前市百石町の大衆割烹”大和家”のおにぎりです。

包みを開けるとこんな感じです。
2010072302

 

2010年7月22日(木)付東奥日報朝刊に掲載された記事の要約です。

 約40年間弘前市内の学校に提供されてきた大和家のおにぎりが、21日(水)で学校での販売を終了した。

 弘前市の新西部給食センターが2学期から稼動し、市内の全中学校で給食が提供されるため。

 1971(昭和46)年に弘前一中で販売を開始、ピーク時には市内の9高校、4中学と旧相馬村の小中学校で、最高1日3千個を販売した。

 約20年前に高校から撤退、最近では市内の公立校での販売は弘前一中、弘前四中の2校だけだった。

 20日(火)には弘前一中で約30個の注文があった。

 

私が通っていた中学校でも、弁当を持ってこない生徒のために、おにぎりとパンを注文することが出来ました。

弁当を用意してもらえない時には昼食代として300円もらい、当時1個55円の大和家のおにぎりを2個と60円のパンを1個食べるのが定番でした。

育ち盛りですから本当はパンも2個食べたかったのですが、パンを2個食べてしまうと70円しか残らず、部活の帰りにお腹が空いているのにジュースしか飲めません。

そこでパンを1個にして130円を残し、ジュースとパンを買うようにしていました。

ジュースは瓶入りチェリオのグレープ。当時確か50円か60円でした。

コカコーラ、ファンタより10円安く、量が296mlと多かったのを覚えています。

  

そんな思い出深い大和家のおにぎりを早速弘前駅のキオスクで購入してきました。

1個130円(昆布、さけ)になっていました。

昔と変わらぬ包み紙と味でした。これであとはパンがあれば。

そういえばおにぎりと一緒に食べていたあのパン、最近見かけないなぁ。

パンは円形で上にザラメのようなものがかかったスポンジケーキのようなパン(工藤パンだったか陸奥パンだったか忘れてしましました)でした。

どなたかパンの名称を覚えている方がいらっしゃいましたら、お教えくださいm(__)m

   

大和家のおにぎり、今後もお店や弘前駅等で購入可能です。

  

津軽郷土料理 大和家 http://www.yamatoya.to/
弘前市大字百石町47-1

大きな地図で見る

|

« 弘前公園 蓮池 ハスが咲き始めました | トップページ | 平川市 三笠山公園のアジサイ »

弘前市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130550/48947099

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前市 津軽郷土料理店大和家のおにぎり:

« 弘前公園 蓮池 ハスが咲き始めました | トップページ | 平川市 三笠山公園のアジサイ »